こんな意味があったのをご存知ですか?

平安時代の村上天皇の治世に京に疫病が蔓延したそうです。そんな時、六波羅密寺の空也上人が大ぶりの茶碗に梅干を入れたお茶をふるまったところ疫病がしずまり、その後、村上天皇が正月元旦に同じお茶を服して人々の無病息災を祈ったそうです。

王が服するお茶「王服茶」これが「大福茶」になったそうです。現在では地域によってお煎茶や玄米茶など色々なお茶が飲まれているようです。

「えっ、そんな話 初めて聞いたわ!」と言われる方もいらっしゃると思います。
恥ずかしながらお茶屋に生まれた私もお茶屋になって何年かして知りました。

お茶は刈られても摘まれても何度も芽を吹き出す生命力にあふれる植物です。新年のお年賀の品、家族で新年を喜ぶ飲み物として素敵だと思います。