“宗善の雫”をせっせと買い置きするようになりました。

 

退職前の私は家族がまだ起きてこない朝の5時。

 

一人静かに深蒸し茶をいただいてその日の活動の充電をしていました。

ですから消費するお茶の量も僅かでした。

 

ところが夫と過ごす二人の退職後の毎日、

朝のお茶タイムが昼食後のお茶タイムになりました。

 

今までペットボトル愛用の夫も、このお茶を気に入って飲んでいます。