午後のリラックスしたいひと時、ダージリンの香りに癒されて優雅な一時を過ごす…。
一般的に紅茶に抱くイメージは「紅茶=リラックス」とシチュエーションが浮かんでくるかと思います。世界各地で生産され世界中で愛されている紅茶、その紅茶を作るには摘み取った茶葉を萎凋させて、それをもみこみ発酵(微生物による発酵ではなく茶葉に含む酸化酵素によっておこる酸化発酵)させ乾燥させたものです。

 

世界中で愛される紅茶ですから、その分種類も豊富です。
紅茶の世界一の輸出量を誇るスリランカ、ウバ、ディンブラ、ヌワラエリア等が有名で色、香り、味のバランスが取れたまさに世界一の産地です。次にそのお隣のインドは世界最大の茶葉産出国となります。アッサム、ダージリン、ニルギリ等どちらかというと個性的な味わいをもっている茶葉が有名です。この二大産地のほかにもインドネシア、ケニア、アフリカ諸国など熱帯性の地域が栽培に適しています。

 

当店でも世界中の紅茶を取り扱っておりますが、今一番のおすすめはメイドインジャパン、日本産の紅茶です。最近では外国の有名産地にも負けないほどに品質が上がりました。その国産紅茶を使用した「日本の紅茶」もご用意しています。1日2リットルのお茶や紅茶を飲む私が「うまい!」と自信を持ってお奨めしています。

 

そして紅茶の魅力といえば、フレーバーとの相性がとても良いという事です。アップルティーやレモンティーが有名で、皆様飲まれたご経験があるかと思いますが、当店では秋ならワインの紅茶や、栗のほうじ茶、クリスマスにはシャンパンフレーバーの紅茶など、当店をご愛顧してくださるファンの方の驚く顔や喜ぶ顔を思い描き毎日開発に努めています。

 

一言に紅茶にフレーバーが合うと言っても簡単に作れる訳ではありません。茶葉はどの産地のどの時期のどの品種を使うか、フレーバーの種類、フレーバーの調合、フレーバーと茶葉の配合率、星の数程合わせ方はあります。専門の知識、冒険心、そして何より経験が必要です。私はほかのお茶屋さんでも驚くようなブレンド方法、フレーバーを合わせる事を得意としています。なぜなら私は祖父から続く日本茶のプロとしての知識と経験が息づいているからです。当店のフレーバードティーを飲まれた事が無い方は是非一度ご賞味ください。