私は1日2リットル以上のお茶を飲みます。

「え!そんなに?!」と他のお茶屋さんもびっくりする量です。一言にお茶と言っても煎茶だけではなく、紅茶やハーブティーなどお茶の中には色々な種類があります。
煎茶も同じで、産地によっても味が違いますし産地の中でもその地域、さらにはその地域の中の茶畑ひとつとっても味が違います。友達の家で食べるカレーの味が、自分の家のカレーの味と違うのと似てますね(笑)
そして茶の葉でも使用する部分にとって味も名前も変わりますし、製法・火の入れ具合(焙煎)によっても大きく変わります。お茶屋って実はこんなにもこだわって煎茶を作っているものなんです。

 

お茶屋にとって「煎茶」は看板

 

細かい産地まであげるとキリがないので、大まかに書きますと、
北から埼玉の「狭山茶」静岡の「静岡茶」京都の「宇治茶」三重の「伊勢茶」福岡の「八女茶」鹿児島の「鹿児島茶」が知られています。

 

狭山茶

 

特徴は狭山火入れといわれてる独特の火入れ方法が特徴です。

 

静岡茶

 

特徴は言うまでもなく日本最大のお茶の産地ですね、お茶屋さんでは静岡産のお茶を用いて看板となるお茶を作っているところが多いです。静岡の中でも牧の原台地、富士山麓、安倍川、天竜川、大井川などお茶を栽培するのに適した自然環境が整っています。

 

伊勢茶
お茶を普段飲まれない方にとっては馴染みが無いかもしれませんが、全国で第3位のお茶の生産量を誇ります。

 

宇治茶
若い方でもご存知の宇治茶、宇治の山域一帯は高級茶の産地として有名です。抹茶といえば宇治、宇治といえば抹茶。宇治の観光地では抹茶スイーツを求める方で賑わっており祇園を歩けば、テレビCMでも耳にしたことがあるお茶屋さんが数多く並んでいます。

 

八女茶
高級なお茶といえば「玉露」普段お茶をあまり飲まれない方でもご存知かと思います。八女玉露が有名で古い歴史をもっています。黒木町、星野村で生産する玉露は全国の半分を占めるまさに玉露の町です。

 

鹿児島茶
この鹿児島茶も、馴染みの無い人にとっては「鹿児島でもお茶って作れるんだ!?」と思われるかもしれません。しかし現在鹿児島茶は静岡茶に次いでお茶の生産量第2位のブランドなのです。産地でいえば「知覧茶」が有名です。温暖な気候が育てた鹿児島茶はさわやかな香りとコクが違います。

 

祖父から受け継がれたお茶への愛情、三国屋善五郎を経て、椿宗善として仕上げた煎茶をぜひご賞味いただきたく思います。