冷水で淹れても美味しく感じていただける季節のお茶「秋りんご紅茶」です。水出しですとりんごの香りが際立ち、アップルジュースというと大袈裟ですが、紅茶の渋味が抑えられた優しくフルーティーな味わいが楽しめます。また、お湯で淹れますと、本格的なアップルティーを満喫する事ができます。

 

 

癖になる組み合わせ「モンブラン」

昨年の夏、秋りんごの紅茶を製造している時に、来客の方からお土産でケーキをいただきました。それがモンブランだったのです。
「栗とりんごかぁ〜」と思いながら食べたのですが、意外や意外。結構いけるのです。

私は癖になってしまい、一時期モンブランと秋林檎の紅茶が1日のお楽しみになっていました。お陰で体重が少し増えてしまいましたが(笑)

もう一つのおすすめは、栗ようかんです。
甘酸っぱいりんごの香り、甘みと僅かな渋味の紅茶に、あんこの甘さとホクホクした栗の食感が見事にコラボしています。
これも意外でしたが相性バッチリだと思います。
美味しいお菓子と美味しいお茶、最高ですね。
人それぞれ好みがあると思いますが、秋林檎の紅茶で「食欲の秋」を楽しんでみてください。
あっ、食べすぎには注意してくださいねっ!(笑)